100%伝わる広告宣伝システム

post image

「企業の伝えたいこと」を確実に消費者に認知させることが可能

企業は商品やサービスを販売するにあたり、それに対する“こだわり”はもとより“企業理念”“社会貢献活動”なども消費者に積極的に伝えようとしています。商品やサービスの価値は価格だけで決まるものではないからです。
しかしながら、消費者が知っていることは価格相場やクチコミ、利便性要素(場所や営業時間)くらいであって、「企業の伝えたいこと」である“こだわり”などはほとんど知りません。
それは、現在の広告宣伝手法が企業から消費者への一方的な大量の情報発信で、どこを見るか、どこも見ないかは消費者次第だからです。

どこかの企業から送られてきたDMをどうしたかを思い出してみてください。メリットがないから見ることもなくゴミ箱行きのはずです。ですので、このDMもこの行に達する前に捨てられている可能性が高いのです。「私の伝えたいこと」はこの後からなのにもかかわらず。

人は自分に何かメリットがないと自ら動き出しませんので、本システムは懸賞を利用しています。
例えば、懸賞付きクロスワードパズルの一部に「企業の伝えたいこと」を企業専用問題として組み込んだものを出題します。消費者はパズルを楽しむ過程で自然と企業専用問題の答えを調べますので、企業は「伝えたいメッセージ」を消費者に確実に認知してもらうことができます。
その結果、消費者が価格や利便性といった要素以外の事柄でも判断するようになり、その消費者にとって一番良い商品やサービスまたは企業を選択できるようになります。
メリットというと賞金や商品を思い浮かべることが多いとおもいますが、“楽しく感じる”“達成感を得られる”などということもメリットです。通勤電車など、パズルを楽しむには最適な環境かもしれません。

試しにクロスワードパズルを解いてみて下さい。

puzz

出題企業:日本セルモス株式会社
出題企業について:からだと環境にやさしい自然化粧品を販売しています。
プレゼント:1等 当社WEBショップのポイント 10,000ポイント(1万円分) 10名様
      2等 店頭で使えるクーポン券5,000円分 20名様
      3等 当社オリジナルボディソープ 30名様
ルール:カタカナで答えてください。

<ヨコのカギ>
1. カレーが服に付いた。何になる?
2. 出題者である私は○○○の仕事もしている。(ヒントはこちら
<タテのカギ>
3.出題企業である日本セルモス株式会社は何駅にある?(ヒントはこちら
4. 切ないまでに深く思いを寄せること。特定の異性に強くひかれること。

いかがでしたか?

あなたには出題者である私が意図したとおり、私が三鷹で働いていて歯科医でもあることを知っていただきました。
実際はもっと大きなパズルの中に「企業の伝えたいこと」を2から3問入れての出題となり、懸賞にも応募できますので、もっと楽しいパズルになります。

本システムはクロスワードパズルに限らずゲームやパズルなら何でも良いので、企業のアイディア次第で様々な使い方ができます。また、既存の広告手法と組み合わせることで広告効果をさらに高める事ができます。
商品パッケージ内部に答えを印刷して購入につなげたり、商品に記載したURL等から懸賞に参加させ、宣伝と客の情報収集をすることも可能です。また、答えを店内に掲示したり店員に聞く事で得られるようにすると来店にもつなげることができて面白いかもしれません。

本システムの解説とパズルの答え

現在の広告手法の殆どは多くのコストを必要とします。それが困難な多くの中小企業や個人事業主にとっては非常に厳しいもので、経営が悪循環に陥る要因でもあります。
なんとか費用を捻出しても既存の手法では消費者が見ても見なくても、伝わっても伝わらなくてもコストがかかります。
しかも、このコストは“実際買ってくれた消費者たち”が負担しながら“企業の利益減”になっています。

本システム(特許第5844946号, 特許第5792915号, 特許第5926431号)はこれらの点に鑑みてなされたものであり、利用すると広告主は消費者に伝えたいメッセージを低コストで効率よく伝えることが出来るようになります。
本システムを利用する際のコストはシステムの利用料と懸賞の賞品です。消費者に参加してもらうためには“楽しさ”とその懸賞問題に見合った“賞品”が必要ですが、賞品のコストは当選した消費者へ還元されますので出題企業の未来につながっています。

つまり、私の出題のようにポイントやクーポンを賞品にしておけば来店につながり、商品であれば使用してもらえます。そして応募者全員のメール、アンケートや当選者の住所情報等も入手でき、次につなげることができます。
また、広告を見て認知させる人数に対する広告宣伝コストの調整が容易で、例えば100人応募ごとに1人当選で賞金を1万円としておけば、コストは1人当たり100円ということになり100%コントロール可能です。しかも、この応募してきた100人には必ず「企業の伝えたいメッセージ」が伝わります。

さらに、企業専用問題の横に答えのあるWebページのリンクを掲載しておけば、意図したWebページに誘導する ことも簡単です。いままでの広告宣伝・懸賞と比較して、本システムは格段に広告効果が高いと思います。

(パズルの答え:1. シミ 2. シカイ 3. ミタカ 4. コイ)

特許公報

pdf1pdf2pdf3

featured resources

Pellentesque massa est

Nullam tristique dui vulputate nibh scelerisque efficitur. Nunc iaculis iaculis laoreet. Suspendisse fermentum, justo nec tempus porttitor, felis ligula mollis purus, at maximus nisi massa eu velit. Nulla cursus diam odio, eu molestie nisl rutrum at. Curabitur vulputate eget lacus aliquam placerat.

more info

career resources

Curabitur imperdiet elit

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisc elit. Proin ultricies vestibulum vebiben dum et condimentum metusip dolore ipsumsfaucibus sed dolore ipsum comm. Quisque fermentum ut justo lacinia consectetur.Nulla dictum justo et adipiscing dictum. Vestibulum sapien in aliquet ut, volutpat id ante.

more info

How Can We Assist You?

post image